AIでソーシャルディスタンス検知実証実験

この記事をシェア

  • LINE
福岡2020.07.25 18:16

新型コロナの感染が広がる中、人工知能・AIを活用して3密を防ごうという実証実験が北九州市で始まりました。

北九州市門司区の関門海峡ミュージアムで始まったのはAIを活用して3密を防ぐ実証実験です。防犯カメラの映像からAIが来場者の密集度合いを分析し、その結果を館内のモニターやホームページで確認することができます。新型コロナの感染拡大を防ぐため屋内施設での3密を防ぐ取り組みが求められる中、北九州市のシステム開発会社2社が共同で開発しました。利用者が事前に混雑具合を確認できるだけでなく施設側も効率的にスタッフを配置できるということです。実験は来年3月まで行われ、その後ほかの施設への導入も検討されています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース