令和2年7月豪雨 有明海の大量の流木を漁船が回収

この記事をシェア

  • LINE
福岡2020.07.22 16:45

今月降った豪雨の影響で、海上に流木やゴミが漂流しています。福岡県の有明海沿岸では22日、漁船が回収作業にあたりました。

福岡有明海漁連の漁船83隻は22日、沖に出て流木などの回収作業にあたりました。

今月6日の大雨によって、有明海には筑後川などから流れ出た倒木などの漂流ごみがおよそ40平方キロメートルに渡って広がっています。

福岡有明海漁連によりますと、既に流木と漁船が衝突してプロペラが破損するなどの被害が出ているということです。22日は2時間の作業で、全体の1割程度のごみが回収されました。
漁船によるゴミの回収作業は来月まで行われます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース