監視員の男性がコロナ感染 市民プールを消毒

この記事をシェア

  • LINE
福岡2020.07.22 12:02

スタッフの新型コロナウイルスの感染が確認された福岡県北九州市の市民プールで、22日消毒作業が行われました。

北九州市若松区の市立藤ノ元プールでは、22日9時半から6人の作業員がプールサイドや更衣室などの消毒を行いました。

北九州市によりますと感染が確認された20代の男性は、監視員のアルバイトとして、このプールに勤務していました。今月13日に体調不良で休んだあと、体調が回復したため今月17日と18日には出勤していたということです。

18日の夜、味やにおいを感じなくなり、咳などの症状があったため、医療機関を受診し、21日感染が確認されました。
北九州市は濃厚接触者などの調査を行っていて、藤ノ元プールはきょうから当面、閉鎖となっています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース