九州北部の大雨は峠を越える 土砂災害には注意が必要

この記事をシェア

  • LINE
福岡2020.06.26 11:55

24日夜から続いた九州北部の大雨は峠は越えました。しかし梅雨前線は九州付近に停滞していて、土砂災害に注意が必要です。

九州北部では24日夜の降り始めから、佐賀県伊万里市で196.5ミリ、佐賀県大町町で143ミリ、福岡市中央区で119.5ミリの雨を観測しました。(26日午前9時まで)

福岡県と佐賀県の一部に出されていた大雨警報は、26日朝までに全て解除されました。

しかし梅雨前線は九州付近に停滞していて、27日夜以降も再び激しい雨が降るおそれがあります。
これまでの雨で地盤が緩んでいるところでは、土砂災害に注意が必要です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース