去年の大雨で油が流出した佐賀県大町町の鉄工所で水害対応訓練

この記事をシェア

  • LINE
佐賀2020.06.24 16:30

去年8月の大雨で浸水し油が流出した佐賀県大町町の鉄工所で、水害対応を確認する訓練が行われました。24日訓練が行われたのは自動車のボルトなどを製造する佐賀鉄工所です。佐賀鉄工所では去年8月の記録的な大雨で、工場内が浸水し工業用の油が流出しました。この流出で周辺の住宅や農地などに被害が出ました。災害後、佐賀鉄工所は工場を囲う2メートルの壁を設置したほか、入り口にはアルミ製の仕切りを設置しました。24日の訓練には佐賀県と大町町も参加し、鉄工所が作成したマニュアルをもとに浸水を防ぐ手順や関係機関との連絡態勢を確認しました。佐賀鉄工所は今後も訓練を継続していくとしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース