九州北部豪雨の被災地で復旧状況を一斉点検

この記事をシェア

  • LINE
福岡2020.05.20 19:29

梅雨を前に3年前の九州北部豪雨の被災地、福岡県朝倉市で被災した場所の復旧状況などを確認する一斉点検が行われました。

一斉点検は梅雨を前に3年前の九州北部豪雨で被災した場所で再び災害が起こるのを防ごうと実施されたものです。被災した橋や護岸の工事の進捗状況、土のうの経年劣化がないかなどが確認されました。朝倉市では新型コロナウイルス対策として避難者の密集を防ぐため災害時開設する避難所の数を3か所から6か所に倍増させています。市では点検で異常があれば大雨に間に合うよう迅速に対応するとしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース