全国から応募多数 サムホール美術展始まる

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.11.21 13:33

はがき2枚分ほどのキャンバスに絵を描く、恒例の美術展があわら市で始まり、今年も個性的で創造的な作品が揃った。(11月21日)


あわら市の金津創作の森で始まった展覧会には、全国から398点の応募があり、このうち入賞作品165点を展示している。

サムホールとは、はがき2枚分ほどの大きさのキャンバスのことで、大賞を受賞した宮城県のみはらかつおさんの作品は、上空から眺めた街並みを繊細に描写していて、航空写真と見間違えるほどの力作。

個性的で創造的な作品を集めたFUKUIサムホール美術展は、12月6日まで開かれている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース