新幹線芦原温泉駅着工 敦賀駅はメド立たず

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.11.19 13:52

北陸新幹線は芦原温泉駅の工事が始まったが、県内4つの駅のうち残る敦賀駅は着工の見通しが立っていない。(11月19日)


工事が始まったのは北陸新幹線の芦原温泉駅で、現在のJR北陸線の駅の隣に建設している。

初日の19日は、ホームの骨組みに使う重さ4トンの鉄骨などをクレーンで運んでいた。

芦原温泉駅の外観は、温泉街の癒しをイメージした趣のある和の雰囲気のデザインとなっており、コンコースには間接照明を使うなど旅館のような温かみのある雰囲気に。

これで県内に4つできる駅のうち3つの駅舎で工事が始まり、それぞれ2022年夏の完成を目指すという。

しかし、残る敦賀駅は周辺工事の遅れの影響によって駅舎の着工の時期が未定で、国や鉄道・運輸機構が2023年春の開業が1年半遅れる見通しを示している。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース