個性豊かな模様に アーモンドの枝で草木染

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.11.17 16:01

坂井市内の児童たちがアーモンドの枝を使った草木染に挑戦し、ハンカチを個性豊かな模様に染め上げていた。(11月17日)


草木染に挑戦したのは、坂井市春江東小学校の5年生63人。

児童たちはハンカチを割り箸やビー玉で縛り、下地の色をオレンジやモスグリーンに仕上げるため、チタンや鉄を溶かした液体に漬け込んだ。

最後にアーモンドの枝を煮出した液で染めると、個性豊かな模様が浮かび上がっていた。

坂井市春江町の東部地区では、地元のまちづくりグループが地域のシンボルとして9年前からアーモンドの苗を植える活動を続けている。

春江東小学校では12月、6年生が収穫したアーモンドの実で菓子作りに挑戦する予定。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース