新幹線延期は言語道断 岸田文雄議員が講演

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.11.16 15:06

自民党の衆議院議員岸田文雄氏が福井市内で講演し、北陸新幹線の敦賀開業の延期は言語道断だとして検証の必要性を強調した。(11月16日)


この講演会は県内の岸田氏の支持者らが開いたもので、福井市の繊協ビルには約80人が集まった。

この中で、岸田氏は北陸新幹線の敦賀開業の延期について、国の対応は言語道断と切り捨てたうえで、本当に工期を延ばさないといけないのか、費用面も含めしっかりと検証すべきだと述べていた。

また、新型コロナウイルスの感染症対策と合わせた経済政策については、中小企業への支援をこれまで以上に手厚くすべきと持論を展開していた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース