コロナ禍は七五三参りも分散参拝で安心に

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.11.15 11:18

県内各地の神社では七五三参りで家族連れが訪れていて、間隔を空けるなど新型コロナの感染対策をとりながら、子どもたちの健やかな成長を祈願した。(11月15日)


このうち福井市の神明神社では、晴れ着を着た子どもたちが両親らといっしょに次々と訪れていた。

感染症対策のため、七五三の神事は人数を減らして行われていて、子どもたちはお祓いを受けたあと、玉ぐしをささげ小さな手を合わせていた。

神明神社では新型コロナ対策のために、七五三参りを例年より長い12月末まで受け付けていて、例年とは異なる七五三参りが続くことになる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース