20代女性と滋賀在住の原発警備員が感染

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.11.14 16:40

新型コロナウイルスに、新たに福井市の20代の女性が感染していたことがわかった。また、美浜原発の警備員で滋賀県に住む50代男性の感染も確認されている。(11月14日)


新たに新型コロナウイルスの感染が分かったのは福井市の会社員の20代女性で、今月6日から10日まで仕事で大阪に滞在していた。

症状は軽症で、一人暮らしをしているため濃厚接触者はいないという。

県内での感染確認は8日連続で、感染者の累計は272人になり、このうち15人が入院している。

また関西電力によると、美浜原発の警備員で滋賀県に住む50代男性の感染も確認された。

男性は、すでに感染している同居家族の濃厚接触者だという。

関西電力では、陽性が確認された14日から2週間前までさかのぼり、男性と近い距離で仕事をしていた従業員11人を自宅待機にしている。

県では13日から今月19日まで福井県感染拡大注意報を発令していて、マスクの着用や換気による3密の回避、それに毎日の検温など感染対策を再徹底し、感染が拡大している地域への往来を慎重に判断するよう呼び掛けている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース