ふるさと納税返礼品に高校生の“梨”人気

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.10.16 17:20

あわら市のふるさと納税の返礼品に、坂井高校の生徒たちが育てた梨が採用され、大きいものでは1玉700グラムあるふくいの味を届ける。(10月16日)


あわら市のふるさと納税の返礼品に採用されのは、酸味と甘みのバランスが良くさっぱりした味わいの新興梨(しんこうなし)。

坂井高校食農科学科の生徒たちが、6月から摘果作業や袋がけをして手入れを続けていた。

16日は発送に向け、1年生32人が大きく育った実を収穫し、へこみや変形がないか確かめていた。

なお、インターネットのサイトを通してあわら市に6000円を寄付すれば、1箱6玉いりの3キロの梨を返礼品として受け取れる。

10月6日から受付がスタートしていて、すでに県の内外から16件の寄付があったとのこと。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース