40年超原発再稼働 国の責任で住民理解を

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.10.16 14:37

全国で初めて40年を超えての再稼働を目指す、関西電力の美浜3号機と高浜1号機について、国が県に対し再稼働への理解と協力を求めた。(10月16日)


これは経済産業省・資源エネルギー庁の保坂伸長官が杉本知事と面談し伝えたもの。

保坂長官は、関西電力の業務改善計画の実施状況を説明したうえで、美浜3号機と高浜1号機の再稼働について「電力の安定供給のため重要だ」として地元同意への理解と協力を求めた。

これに対して、杉本知事は「住民が不安に感じている部分も多く、安全性・必要性についてしっかりと説明して欲しい」と答えた。

関西電力は来年1月頃に美浜3号機を、また来年3月頃に高浜1号機を再稼働させたいとしており、国では今後住民説明会を開いて理解を求めることにしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース