小浜市の寺で火事 住職が軽いやけど

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.09.16 11:56

15日夜、小浜市で火事があり、寺の納屋が全焼したほか土蔵と物置の一部を焼き住職が顔に軽い火傷を負った。(9月16日)


火事があったのは、小浜市生守の生守山洞源寺の納屋。

警察と消防の調べによると、15日午後9時前に火が出て木造の納屋が全焼したほか、隣接する土蔵と物置の一部あわせて30平方メートルを焼いた。

この火事で、住職の中村忠司さん46歳が火を消そうとして顔に軽いやけどを負った。

火が出た当時、納屋の中には墓に供えられた花を燃やした灰を置いていたという。

警察と消防では、灰の中の火が十分に消えていなかった可能性が高いとみて火事の原因を調べている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース