奥越の味覚を食卓に 上庄サトイモを早掘り

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.09.15 12:55

大野市上庄地区では、特産のサトイモの早掘りが始まっていて、例年並みの良い出来になっている。(9月15日)


朝はすっかり涼しくなった大野市上庄地区では、秋空が広がり特産のサトイモの収獲が始まっている。

上庄地区の平沢生産組合では、広さ90アールの畑で平沢里芋を栽培していて、今は小さめのサイズながら、いち早く旬の味覚を食卓に届けようと早掘りをしている。

今年は、梅雨の長雨と猛暑の影響が心配されたが、例年並みの良い出来に。

粘りとコシがあって煮崩れしにくい奥越の秋の味覚サトイモは、11月上旬まで収穫が続き、9月20日からは毎週土日と祝日に国道158号沿いの直売所で販売される。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース