県独自の電子クーポン配布で消費喚起

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.09.08 17:11

外出の自粛による買い控えを背景に、県は専用アプリのダウンロードで買い物に割引がある独自の消費喚起に取り組む。(9月8日)


8日に開会した9月定例県議会の冒頭で、杉本知事は県独自の経済対策を説明した。

この中で、杉本知事は県内の消費を喚起するため、小売りやービス業の店舗等で利用できる商品割引チケット「デジタルバウチャー」を発行することで、県民の消費を誘発し消費の回復を目指すと説明した。

デジタルバウチャーは県内の小売りや飲食店などで利用できる電子クーポンで、県の専用アプリを無料でダウンロードすることで入手できる。

クーポンは5000円の買い物ごとに1000円の割引を予定している。

外出の自粛による買い控えを背景に消費喚起に向け、年に5回程度の配信を見込み年内のスタートを目指している。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース