三里浜特産「黒ラッキョウ」を本格販売

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.08.01 12:03

三里浜特産のラッキョウを熟成加工し、うま味と栄養を凝縮した健康食品「黒ラッキョウ」が、1日から坂井市三国町の道の駅で本格販売されています。


黒ラッキョウは、生活習慣病などの予防につながるとされていて、疲労回復や滋養強壮などの効果が期待されている。

福井市から坂井市三国町にかけての三里浜砂丘地で2度冬を越して栽培した、小粒で歯切れのよい特産の三年子ラッキョウを青森県の業者が1か月かけて、じっくり発酵・熟成させた。

真っ黒なラッキョウは、柔らかい食感とまろやかな甘みが特徴で、うま味と栄養を凝縮して食べやすくしてある。

去年の夏試験販売したところ好評だったことから、今年は3倍の1500パックを用意した。

そのまま毎日1粒ずつ食べるのがおススメだという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース