県内10市町の小中学校であすから夏休み

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.07.31 15:12

県内10市町の小中学校で8月1日から短い夏休みが始まり、子どもたちは新型コロナウイルスの感染予防を意識した休みの計画を立てていた。(7月31日)


このうち児童数が1001人と県内で最も多い福井市の森田小学校では密を避けるため時間差で登校した。

夏休み前の全校朝礼は体育館に集まらず、教室のテレビ放送で話を聞いていた。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校の影響で、福井市など10の市町では7月21日から予定していた夏休みを短縮している。

森田小の児童たちは例年より少ない夏休みの宿題を受け取り、8月1日から16日間の短い休みに入る。

県内ではこのほか8月6日から大野市で、8日からは勝山市や越前市など6つの市町で短い夏休みに入る。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース