戦国時代の鈴の音色は?粘土で鈴づくり体験

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.07.26 12:02

4連休最後の日の26日、福井市の一乗谷朝倉氏遺跡では子ども達が粘土で鈴づくりを体験し、戦国時代の音色に思いを馳せていた。


福井市の一乗谷朝倉氏遺跡資料館で鈴づくり体験が行われた。

土鈴と呼ばれる粘土でできた鈴は、カラカラと純朴な音色が特徴で、これまでに約300個が遺跡で見つかっている。

子ども達は、出土した当時の鈴を観察したあと、実際に鈴づくりに挑戦していた。

なお作られた鈴は焼かれたあと、子ども達の元へ届けられるという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース