九頭竜川のアユの塩焼きが観光客に人気

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.07.23 16:14

永平寺町の九頭竜川のアユの友釣りは、去年の2倍ほどの釣果がある好調ぶりで、4連休は塩焼きで観光客を出迎えている。(7月23日)


永平寺町を流れる九頭竜川のすぐ側にある「さぎり屋」では、4連休に釣り客をはじめ観光客向けにアユの塩焼きを販売していて、店頭で串に刺して焼いている。

炭火でゆっくり焼くことで、皮はパリッとして身がやわらかく、頭から食べられるほどのおいしさが評判となっている。

客からは「頭がパリパリしていて、何匹でも食べられる」と好評。

九頭竜川では先月13日にアユの友釣り漁が解禁していて、中部漁協によると6月は去年の同じ時期の2倍近くにあたる1000匹以上の釣果があり、中には22センチの大物も釣れている。

なお、4連休中の塩焼きの店頭販売会は店内での飲食のみ予約制で受け付けている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース