夏の味覚わらび餅作りが最盛期迎え人気

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.06.29 12:17

小浜市内の老舗の和菓子店で、もっちりとした食感が特徴の夏の味覚わらび餅作りが最盛期を迎えていて1日に100パックが売れる人気。(6月29日)


小浜市小浜白鬚にある和菓子店、御菓子司木屋傳では、わらび餅作りが最盛期を迎えている。

水に溶かした上質のわらび粉とブレンドした砂糖を混ぜて強火で一気に練り上げ、数時間寝かせたものをきな粉をかけながら、一口サイズに切り分けている。

弾力もありもっちりとした食感が特徴のわらび餅は、多い日には1日で100パックが売れるほどの人気となっているほか、オリジナルの珈琲味は若者を中心に広がっている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース