伝統行事の夏越の大祓でコロナ終息願う声も

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.06.28 16:37

大きな茅の輪をくぐる伝統の行事・夏越の大祓が28日、坂井市内の神社で行われ、参拝客が無病息災や新型コロナウイルスの終息を祈願した。


坂井市三国町の三國神社では、朝から夏越の大祓に家族連れらが訪れていた。

参拝客は数字の8の字を描くように大きな茅の輪をくぐって、無病息災や新型コロナウイルスの終息を祈願した。

参拝客の中には「コロナが終息して家族全員で、旅行や普段の生活に戻れたらいい」といった声も聞かれた。

夏越の大祓はこの半年間のけがれを祓い清め、暑い夏を乗り切って健康に暮らせるようにと祈るもので、各地の神社で毎年この時期に行われている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース