県内でも“アベノマスク”の配布始まる

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.05.23 16:22

政府が全世帯に配る布マスク、いわゆる「アベノマスク」の配布が23日から県内でも始まり、およそ33万か所の家庭や事業所に届けられる。


「アベノマスク」は、政府が全世帯に2枚ずつ配布する布マスクで、県内ではおよそ33万か所の家庭や事業所が対象。

このうち、福井市の福井中央郵便局には2万8000部が到着し、1週間ほどかけて配達される。

マスクを受け取った人は「孫が給食で使う配膳用のマスクにフィットしている。いつかは絶対届くだろうなと思っていたので、すごく喜んでいる」と話していた。

県内では、1か月以上遅れての配布となった「アベノマスク」。

残りの到着時期は未定で、県内に届き次第、順次郵送される。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース