県議会が議員報酬1割カットでコロナ対策に

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.05.16 11:11

新型コロナウイルスへの継続した対策が求められる中、県議会は議員報酬を半年間に渡り1割カットし、感染予防対策の財源にあてられる。(16日現在)


県議会議員の半数以上を占める最大会派・県会自民党は、14日に総会を開き、議員報酬の削減を全会一致で決めた。

削減するのは毎月の議員報酬で、6か月間に渡り1割をカットする。

県議会では議員報酬の削減で1700万円をねん出し、新型コロナウイルス対策の財源に充ててほしいとしている。

今後は、県議会各会派の合意を図ったうえで、6月県議会で条例案を提出する予定。

なお、県では知事や副知事ら特別職でも、報酬の削減を検討している。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース