人気の恐竜が冬眠から目覚める 大野市

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.03.26 16:50

大野市では倉庫で冬眠していた人気の恐竜親子が目覚めましたが、新型コロナウイルスの影響で戻った先の道の駅は利用客が減っている。


4か月ぶりに顔を出したのは、大野市和泉地区で人気のティラノサウルスの親子です。

きょうは、冬眠していた倉庫から道の駅・九頭竜まで1キロの道のりを戻った。

今年は暖冬で雪が少なく、去年より1週間早い目覚めです。

道の駅は今月20日から営業を再開していますが、新型コロナウイルスの影響もあってここまでの利用客は例年よりも2割から3割減っている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース