カタクリの花が咲き始める 大野市

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.03.24 13:18

大野市北西部の山あいで多年草のカタクリの花が咲き始め、可れんな紫の群生で里山を彩っている。


紫の細い6枚の花びらが羽ばたくように咲くのが、カタクリです。

今年は暖冬の影響で大野市北西部の矢地区にある矢ばなの里で、例年よりも10日早く咲き始めている。

14年前にカタクリの群生が見つかって以降、地元の人たちが遊歩道をつくるなど保全活動を進めていて、今では3ヘクタールの敷地に
100万本が自生している。

ここでは、3月20日からカタクリまつりが始まっていて、今週末ごろには見ごろを迎え、4月初めまで楽しめるということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース