新型コロナで売上減 飲食店は人件費削減へ

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.03.18 17:27

新型コロナウイルスの感染拡大の影響が、まちの飲食店にも広がっている。

定食が人気の店は売上が4割減る中、アルバイトをしばらく休ませている。


JR福井駅前の通称・三角地帯に店を構える「農家レストラン菜郷」だ。地元野菜をたっぷり使った定食が自慢で、サラリーマンや観光客が利用する人気店だ。

しかし、新型コロナウイルスの感染予防のため、外出を控える人は福井でも増えていて、この店にも影響が出ている。

特に夜の宴会が打撃を受けていて、例年はこれからの時期に歓送迎会の予約がいっぱいだが、自粛ムードの今年は、宴会の予定がほとんど入っていない。

売上が4割減ったことで避けられないのが、人件費の削減だ。5人いるアルバイトのうち、夜の時間帯に働いている3人の大学生にしばらく休むようお願いした。

本来は年度末の歓送迎会で賑わうはずの駅前の店。新型コロナウイルスは宴会を楽しむ人たちだけでなく、働く人たちにも影響を与え始めている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース