高校サッカー愛知県大会決勝 東海学園が7年ぶり4回目の優勝

この記事をシェア

  • LINE
愛知2020.11.14 18:06

 14日、全国高校サッカー選手権大会の愛知県大会決勝が行われ、東海学園が7年ぶり4回目の優勝を決めました。

 初優勝を狙う名経大高蔵と東海学園との決勝。試合は、東海学園の堅い守りに対し、果敢に攻め込む名経大高蔵。お互い決定的なチャンスを作ることができません。

 両者無得点で延長戦でも勝敗がつかず、決着はペナルティーキック戦に。東海学園、決めれば優勝が決まる5人目・古久根選手が外してしまいます。

 名経大高蔵・石川選手にプレッシャーがかかります。しかし、相手ゴールキーパーに阻まれ、この瞬間、東海学園が7年ぶり4回目の全国大会出場を決めました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース