違法カジノ店摘発、従業員と客計21人を逮捕 名古屋・中区

この記事をシェア

  • LINE
愛知2020.10.18 19:04

 名古屋市中区の違法カジノ店が摘発され、18日までに、従業員と客あわせて21人が逮捕されました。

 賭博場開帳図利の疑いで逮捕されたのは、中区錦の違法カジノ店「リオ」の従業員・土屋勝歳容疑者(36)ら従業員7人です。警察によりますと、7人は、店にバカラ台を設置して客にバカラ賭博をさせた疑いがもたれています。客14人も逮捕され、その後、釈放されています。

 警察は、7人の認否を明らかにしていませんが、店の売り上げが暴力団の資金源になっていたとみて調べています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース