“覚醒剤所持犯を摘発”警察官が事件でっち上げ容疑 愛知・岡崎署

この記事をシェア

  • LINE
愛知2020.10.17 11:35

 知人に覚醒剤を手渡し、職務質問を受けるよう依頼して検挙したなどとして愛知県警岡崎署の警察官が16日、覚醒剤取締法違反などの疑いで書類送検されました。

 警察によると、書類送検された岡崎警察署地域課の男性巡査部長(36)は、今年2月、岡崎市内で知人男性(40代)に微量の覚醒剤がついたビニール袋を手渡したうえ、自身の職務質問を受けるよう依頼して検挙し、うその捜査報告書を作成したなどの疑いがもたれています。

 調べに対し容疑を否認しており、警察は、男性巡査部長が希望する刑事課に戻るために実績をあげたかったとみて調べを進めています。男性巡査部長は16日付で懲戒免職処分になりました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース