東海3県で205人が感染 名古屋の繁華街で時短営業など要請へ

この記事をシェア

  • LINE
愛知2020.08.02 01:10

 東海3県では1日、新たに205人が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。名古屋の繁華街の一部では、今月5日から営業時間の短縮など自粛要請が出されることになりました。

 愛知県の感染者は181人で、そのうち名古屋市では過去最多となる109人の感染が確認されました。名古屋市の繁華街の感染拡大を受け大村秀章知事は、錦・栄地区を対象に、今月5日から20日間、業種を限定して「休業要請」や「営業時間の短縮」を要請すると発表しました。

 接客を伴う飲食店、酒類を提供する飲食店やカラオケ店が対象で、一日あたり1万円の協力金を支給するということです。

 1日は岐阜県で13人、三重県では過去最多となる11人の感染者が確認されています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース