愛知県の大村知事、一部の店舗に「休業」「営業短縮」要請へ

この記事をシェア

  • LINE
愛知2020.08.01 18:01

 感染者が名古屋市内の繁華街で急増していることを受け、愛知県の大村秀章知事は1日、今月5日から一部店舗を対象に休業要請などを行うことを明らかにしました。

 愛知県は、名古屋市中区の錦と栄地区を対象に、今月5日から24日までの20日間、業種を限定して「休業要請」や「午後8時までの営業時間の短縮」を要請します。接待を伴う飲食店、酒類を提供する飲食店やカラオケ店が対象で、1日あたり1万円の協力金を支給するということです。

 名古屋市の繁華街では、クラスターの発生が相次いでいてそこを由来とする感染者が急増しています。

 県独自の緊急事態宣言については、東京や大阪に足並みをそろえるとし、現時点での発出は見送ることになりました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース