東海地方が梅雨明け、去年より8日遅く 熱中症に警戒を

この記事をシェア

  • LINE
愛知2020.08.01 11:38

 気象庁は1日、「東海地方は梅雨明けしたとみられる」と発表しました。東海地方の梅雨明けは去年より8日遅く、平年と比べても11日遅いということです。

 名古屋市では朝から青空が広がり、今年初の「猛暑日」(最高気温35度以上)になるところもありそうで、この先も晴れる日が続くと予想されるということです。

 東海3県には高温注意情報が出されていて、熱中症に警戒が必要です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース