JR東海4ー6月期連結決算 727億円の損益、初の赤字に

この記事をシェア

  • LINE
愛知2020.07.31 19:02

 JR東海の6月までの3か月連結決算が31日、発表されました。売上高は前年より7割以上減った1287億円。最終的な損益は727億円の赤字となり、四半期決算が始まった2003年以降、初の赤字となりました。

 新型コロナウイルスの影響で、新幹線の運輸収入が8割以上減ったほか、デパートやホテル事業も赤字に、感染再拡大で、お盆の鉄道予約も低調と厳しい状況が続きます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース