公園ベンチ倒壊で女性けが、管理事務所長ら不起訴 名古屋地検

この記事をシェア

  • LINE
愛知2020.07.31 17:19

 愛知県扶桑町の県営公園「尾張広域緑道」で去年4月、屋根付きのベンチが倒壊し、女性(72)がけがをした事故で、書類送検された管理事務所の所長ら3人が不起訴処分となりました。

 事故を巡っては、警察が今月7日、管理事務所の所長ら3人を、点検を怠った結果倒壊させ、女性に骨折の重傷を負わせた業務上過失傷害の疑いで書類送検しましたが、名古屋地検一宮支部は、30日付でこの3人を不起訴処分にしました。

 理由については明らかにしていません。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース