木曽川の女性遺体、殺人・死体遺棄事件で捜査 三重・桑名市

この記事をシェア

  • LINE
三重2020.07.31 17:17

 三重県桑名市の木曽川で30日、遺体で見つかった女性について、警察は31日、司法解剖の結果から女性が何者かに殺害された殺人・死体遺棄事件と断定し、捜査を始めました。
 
 女性の遺体が発見されたのは、30日午前9時半ごろ、桑名市長島町の木曽川の川岸で、警察は、女性の首にあざがあったことなどから事件の可能性があるとみて、31日朝から司法解剖を行っていました。

 解剖の結果、死因は首を強く絞められたことによる窒息死であることが判明、警察は殺人・死体遺棄事件として捜査本部を設置しました。

 近くに住む人は「(昼の)今ぐらいまでは、皆さん歩いてみえるけど、夜歩いている人ってあまり見たことない」と話していました。

 女性の身元は確認されていませんが、年齢は40代ぐらい、身長は160センチぐらいで中肉、黒のTシャツに黒のズボン、靴ははいていなかったということです。

 警察は身元の特定を急ぐとともに事件の経緯を調べています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース