名古屋国税局・吉井新局長が着任会見 ICT活用で利便性向上

この記事をシェア

  • LINE
愛知2020.07.31 08:51

 名古屋国税局の新局長が着任し30日、ICTの活用でサービスの利便性を向上させたいと抱負を述べました。

 今月20日付で名古屋国税局の局長に就任したのは、吉井浩氏(54)です。

 吉井局長は東京都出身で、大蔵省に入省し、その後、国税庁の総務課長や福岡国税局長などを歴任してきました。

 記者会見で吉井局長は、愛知県の印象について「工業・産業の集積地で日本経済をけん引している」とした上で、「ICTを活用して質の高い納税者サービスを提供する。悪質な納税者には厳正な対応をしていく」と抱負を述べました。

 また、新型コロナウイルスの感染対策にも注力していきたいとしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース