コロナ軽症者用、名古屋市内の民間ホテル借り上げへ 愛知県

この記事をシェア

  • LINE
愛知2020.07.30 11:57

 新型コロナウイルスの感染者が急増していることを受け、愛知県が軽症者療養用施設として、名古屋市内の民間ホテルを借り上げる準備を進めていることが分かりました。

 愛知県によると、感染者が増えている名古屋市内で、症状の軽い人や無症状の人を療養する施設として、民間ホテルを借り上げる計画を進めているということです。

 名古屋市内では29日、過去最多の93人の感染を確認するなど感染が拡大しており、30代以下の若い世代を中心にクラスターも発生しています。

 軽症者を受け入れる施設は、第1波でも活用された愛知県東浦町の「あいち健康プラザ」がすでに28日に再開しており、県は民間ホテルを含め約1300室を確保する計画です。

 民間ホテルの療養施設は、来月上旬から中旬の開設に向けて医師や看護師、スタッフの準備が進められています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース