うその申請で給付金、詐欺未遂容疑で会社役員逮捕 愛知県警

この記事をシェア

  • LINE
愛知2020.07.29 17:11

 休業要請に応じた店舗などに給付される新型コロナの協力金をだまし取ろうとしたとして、飲食店を経営する会社役員の男が28日、詐欺未遂の疑いで逮捕されました。

 警察によりますと、名古屋市中川区の会社役員・林賢容疑者(35)は、新型コロナウイルスによる愛知県の休業要請期間中に、飲食店を営業していたにもかかわらず、すべて休業したとうその申請をして協力金50万円をだまし取ろうとした疑いで逮捕されました。

 調べに対し、容疑を認めているということです。

 林容疑者は、複数の飲食店の経営に関わっていて、警察は、他にも不正がないか調べています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース