熱田神宮でけがれはらう「大祓」 コロナで神職と関係者のみ 名古屋

この記事をシェア

  • LINE
愛知2020.06.30 19:00

 熱田神宮(名古屋市)で30日、6月と大みそかに半年間のけがれをはらう儀式「大祓(おおはらえ)」が行われました。

 熱田神宮によりますと、例年、約500人が参列しますが、今年は新型コロナウィルスの影響で参拝者からけがれを移した人形(ひとがた)を事前に預かり、神職と関係者のみで行われました。

 大みそかに行われる予定の大祓は、今後の感染状況を見て判断するということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース