岐阜、三重の高校野球 独自大会の優勝校同士が「交流試合」

この記事をシェア

  • LINE
岐阜2020.06.30 08:03

 夏の甲子園大会が中止になったことを受けて開かれる”代替大会”で、岐阜と三重の優勝校同士が「交流試合」を行うことが決まりました。

 夏の甲子園大会が中止になったことを受けて、岐阜県と三重県では、来月から独自の大会を開くことが決まっていますが、両県の高野連はそれぞれの大会で1位となった学校同士が対戦する「交流試合」を行うことを決めました。

 試合は感染防止のため、宿泊を伴わず日帰りで移動できる隣接した県で開催することが望ましいとし、8月17日に長良川球場で行われる予定です。

 両県ではこれまでにも、1948年から1974年まで「三岐大会」として、試合を行ってきた歴史があります。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース