「あおり運転」に厳罰、改正道路交通法施行控え啓発活動 三重県警

この記事をシェア

  • LINE
三重2020.06.29 19:12

 「あおり運転」に対して厳しい罰則が科せられるよう新たに妨害運転罪を創設した改正道路交通法が30日から施行されるのを前に、警察はドライバーに向けさまざまな啓発活動を行っています。

 三重県津市の自動車用品店では、警察があおり運転の撲滅を訴えるポスターを張るなど啓発活動が行われました。

 妨害運転罪ではあおり運転をした場合、3年以下の懲役か50万円以下の罰金、高速道路上などの場合は5年以下の懲役か100万円以下の罰金となります。

 三重県警では、あおり運転に対してはヘリコプターによる取り締まりを行うなど厳正に対処していきたいとしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース