豊田市と安城市で職員の懲戒処分 万引きなど 愛知県

この記事をシェア

  • LINE
愛知2020.05.23 12:53

 愛知県の豊田市と安城市の公務員が起こした不祥事で22日、懲戒処分が相次ぎました。

 豊田市によりますと、消防本部の男性消防司令補(44)は今月11日、愛知県みよし市のスーパーで食パンや卵、鶏肉など約9300円相当の商品を万引きしたということです。

 男性消防司令補は、窃盗行為を認めていて「家族の医療費の返済に困っていた」「情けない」と話しています。

 男性消防司令補は22日付で停職4か月の懲戒処分となりました。

 また、安城市の建設部に勤める男性主査(33)は、去年12月から今年4月にかけ、同僚の女性職員に対し75件の電話と3通の手紙を郵送したとして、停職3か月の懲戒処分を受けました。

 男性は、女性職員と示談が成立し、反省しているということで今月15日に不起訴処分となっています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース