水難救助訓練で新型コロナ感染防止策も 愛知・豊橋市

この記事をシェア

  • LINE
愛知2020.05.22 17:29

 台風シーズンを前に愛知県豊橋市の豊川河川敷で22日、川でおぼれた人を救助する訓練が行われました。

 訓練には、豊橋市に今年、配備された全長約5メートルの水陸両用車も登場しました。

 新型コロナウイルスの感染防止策も併せた複合訓練として行われ、救助した人にはすぐにフェースシールドを装着しました。

 豊橋市役所内の災害対策本部でも職員は全員、フェースシールドを装着。飛沫防止シートも設置した上で、テレビ会議システムを活用し、関係機関などと連携をとる訓練が行われました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース