女子高校生への痴漢の罪 三重・伊勢市元職員に有罪判決 津地裁

この記事をシェア

  • LINE
三重2020.05.21 19:16

 女子高校生に痴漢した罪で、三重県伊勢市の元職員に有罪判決です。

 判決などによりますと、伊勢市の元職員・山村風太被告(23)は去年10月から12月にかけて、電車の中で女子高校生の体を触るなど5回の痴漢を行った罪に問われています。

 津地裁は、21日の判決公判で「常習性が認められ、悪質さが際立っている」などとして、山村被告に対し、懲役6か月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡しました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース