小中学校で一足早く分散登校が始まる 愛知・岡崎市

この記事をシェア

  • LINE
愛知2020.05.21 12:17

 愛知県岡崎市で21日、県内で最も早く小中学校の「分散登校」が始まり、街中に子どもたちの登校風景が戻りました。

 市内67の小中学校で分散登校が始まった岡崎市では、すべての小学校に警察官が配置され、児童を見守りました。

 分散登校は、26日までは各クラスの4分1、その後は半分が登校し、来月1日からは全員が登校する計画です。

 児童は「先生の授業とかできて、友達にもちょっと会えたからうれしい」「全員に会えないことが寂しい」と話していました。

 教室では窓を開け、先生がフェースシールドをつけるなどの対策がとられ、マスクの取り扱いなどの授業が行われました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース