夏の甲子園が中止 79年ぶり史上3回目 愛知県は独自開催へ

この記事をシェア

  • LINE
愛知2020.05.21 08:55

 日本高野連は20日、新型コロナによるリスクが避けられないとして、今夏の全国高等学校野球選手権大会を中止すると発表しました。

 今年8月10日に開幕が予定されていた夏の甲子園。大会が中止になるのは、1941年以来79年ぶり、史上3回目です。

 長時間の移動や宿泊に伴う感染と拡散のリスクが避けられないとし、選手の健康と安全を考慮した苦渋の決断となりました。

 愛知県の愛工大名電高校・倉野光生監督は「(生徒の)気持ちを考えるとね、ほんとに目標失ってどうしたらいいか」と話し、県立岐阜商業高校・鍛治舎巧監督は「なし崩し的に終わるわけにはいかない。区切りとなるような取り組みがいる。県の大会をぜひやってほしい」と述べました。

 愛知県高校野球連盟は、甲子園に代わる3年生のための独自の試合を開催する予定で、詳細を来月5日に発表するとしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース