「丸栄」跡地の再開発、新型コロナで半年遅れ 名古屋・中区栄

この記事をシェア

  • LINE
愛知2020.05.21 08:56

 おととし閉店した老舗デパート「丸栄」の跡地の再開発が、新型コロナウイルスの影響で半年ほど遅れることがわかりました。

 関係者によりますと、名古屋市中区栄の丸栄の跡地に建設する「食をテーマにした商業施設」の開業時期について、当初の再開発計画より半年ほど延長し、来年11月ごろを目指すということです。

 当初は来年の春ごろ開業する計画でしたが、新型コロナウイルスの影響で工事が遅れるため、開業時期を見直しました。

 新たな商業施設は3階建てで、総工費約50億円。今年8月に着工し、来年7月ごろ建物が完成する見通しで、飲食店を中心としたテナントが入る予定です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース