新型コロナ患者受け入れ医療従事者に応援金 愛知県が補正予算案

この記事をシェア

  • LINE
愛知2020.05.19 18:56

 愛知県は19日、総額250億円の5月補正予算案を発表しました。

 このうち新型コロナウイルスの患者を受け入れる医療従事者を応援するため、県独自に総額37億4000万円の“応援金”を創設します。

 入院患者の症状に応じて1人あたり100万円(軽症・中等症)、200万円(ICU使用重症)、400万円(ECMO装着重篤)を支給。さらに、募集した寄付を財源に入院患者1人あたり10万円を上乗せするといいます。

 今月27日開会の臨時県議会で審議されます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース